沖縄県初の面会交流支援団体「わらび」

2019年7月、沖縄県で初めてとなる、面会交流支援団体「一般社団法人沖縄共同養育支援センターわらび」を立ち上げました。

沖縄県は、全国の中でも離婚率が高く、また出生率が高いのも特徴です。

 

近年は、両親の育児参加への意識も高まり、離婚後も子の養育に関わりたいと、離婚前後で家庭裁判所に申し立てられた「面会交流調停」の件数は過去最高数となり、毎年増え続けています。

しかし、いろいろな問題から両親の合意が成立しなかったり、調停が成立するまで長い時間がかかることなどが課題となっています。
 

​わらびは、面会交流が子どもの成長という点で極めて重要なものであるという観点から、より円滑にかつ、安全に行われるために面会交流を支援いたします。

離婚後の親子の交流をしっかりサポート

離婚すると夫婦の関係は解消されますが、親子の関係はなくなりません。


愛情豊かに育った家庭なら、なおのこと愛情という絆で親子は繋がっています。​


離婚や別居になっても親子の絆はかわりありません。


住まいを別にしている親子が会って交流する際に、もし、お手伝いが必要でしたら、「わらび」にできるサポートがあります。

「わらび」は、公認心理師など心理系の資格を持つスタッフを中心に、共同養育支援カウンセリングや面会交流支援を行います。

離婚後の子育てで、面会交流を円滑に行うことが、お父さん、お母さん、お子さんの笑顔につながるようにサポートいたします。

<< 支援内容についてはこちら >>

一般社団法人沖縄共同養育支援センターわらび

T  E  L  : 080-6494-1419

E-mail  : oyako.issho@gmail.com

© 2019 Okinawa warabi

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now